オーストラリア留学をケアンズのホームステイで3週間体験してきた。

私はオーストラリアのケアンズにある御宅に3週間ホームステイをした経験があります。その時の私の語学力はというと、「Hello」「How are you?」ぐらいで、それまで海外旅行の経験すらありませんでした。

家族構成は10歳の娘と8歳の息子にご両親の4人家族でした。初対面の時から英語が全く分からなかった私に対してお母さんは事あるごとに気を遣ってくれ、子ども達も毎日「遊ぼう」と連日私の部屋におしかけてきました。最初の1週間は毎日子どもと遊んでいて順調そうに思われたのですが、そのうちに私は家族との間に距離ができてしまい残りの3週間、かなり気まずい経験をしました。その理由はズバリ「私の気の遣いすぎ」が原因でした。

毎日子ども達が私と遊びたかがって、昼夜問わず私を部屋まで呼びに来ていました。お母さんは「疲れてるからやめなさい!」と子ども達を叱ってくれていたのに、私は必要とされている事が嬉しくてお母さんに「大丈夫、平気だから」と、本当は疲れているのにも関わらず無理をして遊んでいました。毎日朝から晩まで子ども達と遊びヘトヘトでベットの上に横たわっている私に対して、お構いなしに子ども達は無邪気に「遊ぼう~」と呼びに来ます。最初は怒っていたお母さんも、私が毎回「大丈夫」と言ってしまったせいで、注意をしなくなりました。

私は断ることもできずに子ども達の相手をしていたのですが、そのうちにだんだん対応が適当になってしまいました。子ども達も真面目に遊んでくれない私に対してだんだん不満を募らせてしまい最終的には一切私に所に来なくなってしまいました。

子どもとの間に溝ができれば自ずと両親とも溝ができてしまいます。家に居ずらくなった私は朝から街へ出かけて夜戻って一人で食事をするようになってしまいました。

そんな経験から1つ言えるのは、「嫌な時嫌」「怒る時は怒る」という当たり前の事をしないと、結局自分が損する結果になってしまいます。まぁ振りかって見れば私のホームステイは失敗するべくして失敗したのだなぁという感じです。

留学先として最近話題の格安留学するならフィリピン留学がおすすめ。

工務店向け集客ノウハウ
英語上達の秘訣
JALカード
心の童話
初値予想
オーディオ
童話
占い 電話

コメントを残す